情報公開

Open情報公開

処遇改善加算についての情報公開

福祉・介護職員処遇改善加算の取得状況について

当法人では、福祉・介護職員処遇改善加算(Ⅰ)と福祉・介護職員等特定処遇改善加算の両方を取得しています。

福祉・介護職員処遇改善加算とは

介護職員の賃金改善に充てることを目的に2012年度から障害福祉サービス等報酬に創設された制度です。
キャリアパス(キャリアアップの道筋を作ること)を作成し、職場環境の改善を行った事業所に対して支給されます。

【キャリアパスの要件】

次の1~3の全て満たした場合は加算Ⅰが適用され、①~②を満たした場合は加算Ⅱが適用されます。
(※当法人ではすべてを満たしています。)

  • 職位・職責・職務内容等に応じた任用要件と賃金体系を整備すること
  • 資質向上のための計画を策定して研修の実施または研修の機会を確保すること
  • 経験もしくは資格等に応じて昇給する仕組みまたは一定の基準に基づき定期に昇給を判定する仕組み(人事考課等)を設けること

【 職場環境等の要件 】

次の各項目からひとつ以上満たす必要があります。
(※当法人では太字の項目を満たしています。)

  • 資質の向上
    • 研修受講支援
    • 研修の受講やキャリア段位制度と人事考課との連動など
  • 職場環境の改善
    • 新人介護職員の早期離職防止のための新人指導担当者制度導入
    • 管理者の労働・安全衛生法規、休暇・休職制度に係る研修受講等による雇用管理改善対策の充実
    • ICT活用等による業務省力化
    • 介護機器等導入
    • 育児休業制度などの充実、事業所内保育施設の整備
    • 職場内コミュニケーションの円滑化による個々の福祉・介護職員の気づきを踏まえた勤務環境や支援内容の改善
    • 事故・トラブルへの対応マニュアル等の作成による責任の所在の明確化
    • 健康診断・こころの健康等の健康管理面の強化、職員休憩室・分煙スペースの整備
    など
  • その他
    • 情報公表制度の活用による経営・人材育成理念の見える化
    • 中途採用者に特化した人事制度の確立
    • 障害を有する者でも働きやすい職場環境構築や勤務シフト配慮
    • 非正規職員から正規職員への転換
    • 地域の児童・生徒や住民との交流による地域包括ケアの一員としてのモチベーション向上
    • 職員の増員による業務負担の軽減など

福祉・介護職員等特定処遇改善加算とは

現行の福祉・介護職員処遇改善加算に加え、2019年度から福祉・介護職員等特定処遇改善加算が創設されました。
従来の処遇改善加算に加え、キャリア(経験・技能)のある介護職員に対し、さらなる処遇改善を行うものです。